サイトメニュー

心からくる病への対処

看護師

朝起きられないときは

何をするにしても意欲がわかないといった症状があるとき、かかるべきところは心療内科か精神科です。休んでも意欲がわかないときはすぐに医者にかかるようにしましょう。心療内科と精神科のどちらを選べばいいかというと、身体に出ている症状が顕著であるかどうかによります。心療内科は他の科で健康と診断されたにも関わらず、心の病気で身体へと症状が現れている人を診てくれます。胃が痛いけれども内科で健康と言われた、下痢が治らない等の困った症状を伴っていたら心療内科に行きましょう。一方、精神科は身体に症状は出ていないけれども眠れないといった症状がある人を専門とします。心療内科が身体であれば、精神科は主に心へと症状が出ている人を診るということです。不安であったりイライラしたりというような心の症状に悩まされていたら精神科に行きましょう。また、メンタルクリニックという名称がついていることもありますが、これはわかりやすくするためにつけている名称であり、中身は精神科、もしくは心療内科になります。医者によって得意分野は違いますが、精神科と心療内科のどちらも受け持っている医者も存在します。心療内科に行っても、カウンセリングが必要な人には臨床心理士を紹介するなどしてくれるので、どこへ行っても間違いではありません。分からなかったら精神科医と臨床心理士、内科医もいるような病院にかかると身体と心の面、両方をカバーできます。心療内科や精神科にかかるとき、まずは初心にかかる費用を用意しておきましょう。もしも総合病院といった大きな病院にかかる場合、紹介状が必要なこともあります。紹介状がある場合と無い場合では初診料が変わることもあるので、初診料は多めに用意しておいたほうがいいです。また、初心にかかるときは予約して行くのがオススメです。予約なしで行ける病院もありますが、混雑していて待ち時間がかかる場合があります。そのときの患者数によるので、意欲がわかない状態でもとりあえず電話で聞いてみるようにしましょう。さらに初診だと症状や今までの経歴などを記入する時間が必要となってくるので、先生に診てもらう前の時間も必要です。特に今までつらいことがあって意欲がわかない状態になってしまった人は、心を落ち着けるためにも初診の日はなるべく他の予定は入れないでおきましょう。余裕をもって受診できるよう、会社を休むなどその日1日他のことをしないでおくようにするといいです。電話をする意欲がわかない人は、家族に手伝ってもらうのも手です。家族がいないという人はインターネットで受付を行っているところもあるので、自分が行きやすいところを探して申し込むようにしてください。診断されたらその後は1週間に1回、もしくは2週間に1回は通い続けることになることからも、できれば近くの病院のほうがいいです。

Copyright© 2019 ずっと意欲がわかないのは要注意【精神面で圧迫されてしまう可能性】 All Rights Reserved.